農業法人には社会法人と農事組合法人の2種類がございます。
また、農地権利取得の有無により農業生産法人と一般農業法人に分けられます。
農業法人の設立には特殊な知識が必要となります。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

一般的には組織的または人事的な経営における問題点を見つけ出し、改善することを指します。
問題解決には組織構造の組み換え、人事制度の変更の見直しなどが必要となります。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

派遣社員や請負社員との間に発生するトラブルは正社員とは別の対応・解決が必要となる場合がございます。
派遣法や請負についての法令など専門的な知識が多く必要となります。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

一般的に雇用に関する助成金とは厚生労働省所管で取り扱っている支援金のことを指します。
条件さえ満たせばあらゆる会社が受け取ることができます。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

社員が仕事中にケガなどをした場合、労災保険で治療することが可能ですが、社長や役員が仕事中にケガをした場合、会社または自己負担となります。
労災保険や健康保険を利用しない治療費は高額になるため、社長や役員のために労働保険の特別加入が存在します。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

実用新案権とは物品の組み合わせ、形状、構造などに関係する考察を独占排他的に実施する権利を指します。
実用新案登録出願に関する詳細は特許事務所(弁理士)のホームページでご確認ください。

商標とはロゴマークやテキストからなるもので、自社の商品や役務において使用するものです。
商標を利用することで自社の商品やサービスを区別することができます。
商標登録出願に関する詳細は特許事務所(弁理士)のホームページでご確認ください。

法人登記には株式会社登記、合名会社登記、合資会社登記、合同会社登記など非常に多くの種類がございます。
また、資本金額の増加・増資、本店の移転など登記手続きをしなければできないことも多数ございます。
詳細は司法書士のホームページでご確認ください。

少額訴訟とは、60万円以下の金銭支払いの請求の時にだけできる簡易裁判所で行う特別な訴訟を指します。
請求したい金額よりも裁判に掛かる諸費用の方が上回る場合などに利用します。
詳細は司法書士のホームページでご確認ください。

障害年金には障害基礎年金(国民年金)と障害厚生年金(厚生年金)があります。
障害基礎年金は、制限はございますがすべての国民を対象とした基本となる年金です。
労働者においてはその上に障害厚生年金が加えられます。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1   2