法律相談用語集

借地借家問題は貸主、借主双方に関わる問題で、地主から土地を明け渡せと請求されている、貸借人が家賃を払ってくれないので出て行ってもらいたいなどの問題は専門的な法律知識がないと、思わぬ支払いを求められたり財産を失ったりすることがあります。
また、急な賃料増額やペットの飼育に関する問題など多岐に渡る分野です。
詳細は弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください

会社の運営上、社会保険や労働保険の手続が発生するタイミングは多くございます。
手続に時間が掛かってしまうため、本来の業務に専念できない場合がございいます。
社会保険労務士に依頼することで迅速に手続きを進めることが可能です。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

行政書士が関わる自動車関連の業務は自動車の住所変更や名義変更、車庫証明などからナンバープレートに関する多岐に及びます。
詳細は行政書士のホームページでご確認ください。

事業承継とは、会社の経営について経営者が後継者に引き継ぎをすることを指します。
また、役員変更登記の手続も事業承継に含まれ、後継者の育成や教育から株式に関しての問題など多種に及びます。
詳細は税理士や司法書士、弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

就業規則の作成は会社を様々なトラブルから守るために必要不可欠なものとなります。
労働基準法では労働者が10人を超えた場合、就業規則を作成・届出の必要がございます。
詳細は社会保険労務士や弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

近年ではグローバル化が進み多くの企業が日本の市場に参入しています。
各国ごとの労働法や社会保障のシステムは変わりますが、日本国内に店舗や事務所を置いた場合、事業主の国籍や外国法人などに関係なく日本の労働法や社会保険関連法を遵守することが義務付けられています。
労働力増加のための諸費用の問題や文化の違いから起きるトラブルなど様々な問題も生じます。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

近年では高齢化が進み介護事業は多彩なサービスに広がり、大きな役割を果たしています。
それに伴い介護事業に関する問題も多く発生しています。
助成金や残業問題、給与計算、雇用など様々な問題に対応しなくてはなりません。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

残業問題として多く取り扱われているサービス残業については、大きく分けて下記の4種となります。
残業申請をさせない、職場外や事務所外での仕事、裁量労働制の違法利用、管理職への昇進。
労働基準法32条では、法定労働時間を1日8時間、1週40時間と規定しています。
残業代を請求する権利は2年間行使しないと時効により消滅します。
詳細は弁護士(法律事務所)や社会保険労務士のホームページでご確認ください。

経営のための土地、建物、機械などの物的施設や特許権などの工業所有権を一括して、抵当権を設定する制度のことを指します。財団には下記の6種類があります。
観光施設財団、漁業財団、鉱業財団、工場財団、港湾運送事業財団、道路交通事業財団。
詳細は司法書士のホームページでご確認ください。

債務整理とは多くの借金を背負った時、多重債務に陥った時に法的手続きにより借金を減額または帳消しにする方法のことを指します。
債務整理の方法は主に、破産、特定調停、民事再生、任意整理の4つがあります。
多重債務の条件によって選択が異なります。
いずれの方法もメリットとデメリットがありますので弁護士(法律事務所)や司法書士のホームページでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   1   2   3   4   5   6   7