アドレス

ホームページアドレスという言い方を耳にすることがあるかと思いますが、ほぼ同義語として皆さんが使用しているものにドメイン、URLという言い方があります。
これはどの言い方でも通じますので、あまり細かく考える必要はないです。

当社にホームページの相談にいらっしゃるお客様においてはドメインを決定されていない場合が多数です。特にこだわりがない場合は、検索エンジンの検索結果にURLが表示されますので、弁護士事務所のコーポレートサイトならLawやLAW-OFFCEが入ったもの。テーマサイトなら「souzoku」などそのテーマのテキストが入ったものがふさわしいと言えます。

また、電話でホームページアドレスを教えてくださいと言われる事がありますので、あまり長すぎないようにしたほうがよろしいかと思います。

検索エンジンはドメインエイジを要素として見ている可能性があると言われていますので、一度決めたドメインは使い続けるようにして、途中で変えないようにしましょう。もし、途中で別のドメインに変更する場合でも、ドメインの料金自体はたいした金額ではありませんので、前のドメインは保持しておいて、こちらにアドレスが変わりましたななどの設定をするのがよろしいでしょう(リダイレクトという自動で新しいホームページに飛ばす事も出来ます)