法律相談用語集

農業法人には社会法人と農事組合法人の2種類がございます。
また、農地権利取得の有無により農業生産法人と一般農業法人に分けられます。
農業法人の設立には特殊な知識が必要となります。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

特許とは有益な発明をした発明者や承継人に対し、発明公開の代償として一定期間その発明を独占的に使用できる権利与えられるしくみのことを指します。
特許出願に関する詳細は特許事務所(弁理士)のホームページでご確認ください。

近年はパソコンや携帯電話などの情報通信技術が発達しましたので、会社に行かなくても自宅での在宅勤務が可能になり、時間や場所に関係なく仕事ができる社会になっています。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

定款とは会社の目的、組織、活動、業務執行などについて定めた規則を指します。
会社設立時には必ず定款が作成され、必要に応じ変更します。
詳細は司法書士のホームページでご確認ください。

組織再編とは企業の吸収、社内の一部門を独立した会社にすること、他の会社を子会社とすることなどを指します。
主な方法として合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡があります。

相続対策は主に財産をどのように相続人に相続させるかと、相続税額を下げるのか、納税資金をどのように準備するかの2種類に分けられます。
また、相続発生前のサポートと相続発生後のサポートなど様々になります。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

相続税申告は相続対策や所得税対策にもつながり、遺産分割の方法次第では相続税額や譲渡所得税が変わってきます。
また、納税方法の判断も重要となります。
相続税については専門的な知識が必要となります。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

相続税試算とは、現在の財産から課税される相続税額を計算するサービスのことを指します。
相続税試算により具体的な相続対策を考えやすくなります。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

一般的な相続方法として下記の3種類が挙げられます。
単純承認、限定承認、相続放棄。
相続には多くの専門家が携わりますがワンストップで対応してくれる士業事務所もございます。
詳細は税理士、弁護士(法律事務所)、司法書士、行政書士などのホームページでご確認ください。

是正勧告とは、労働基準監督署の監督官が労働各法に基づいて行う調査結果により、法律に違反している点を指摘し是正勧告書として企業に勧告指示を出すことを言います。
また、勧告内容については期限があり、企業がどのように是正したかを是正報告書として提出しなければなりません。
専門的な知識が多く必要となりますので詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   1   2   3   4   5   6   7