交通事故被害

交通事故被害に遭った場合、通常被害者の方には、交通事故で加害者が加入していた任意保険会社から連絡が入ります。その後、被害者本人と保険会社の担当が交通事故損害の賠償について交渉していくことになります。

しかし、職業として保険に携わる保険会社の担当と、一般人である交通事故の被害者とでは情報量や経験に圧倒的な差があります。

また、損害を支払わなければならない保険会社の担当が提示する損害額は、保険会社独自の算定基準になっており、裁判になった場合に認められる損害額とは差があることがあります。

このような状況の中、交通事故被害には弁護士が被害者の代理人となり保険会社と交渉することが数多くあります。


弁護士費用特約 


大手の損保会社の自動車保険にはほとんどすべてこの特約を付けることが可能です。保険会社によっては最初から保険に組み込まれているものもあるようです。ご自身が、自動車保険加入時に特約を付けたか覚えていないことも多く、事故にあった時には、必ず特約が付いているか確認するようにしましょう。

弁護士費用特約の詳しい内容はこちら


交通事故後遺障害

後遺障害とは、交通事故によって負った怪我の治療を続けたとしても、それ以上治療が期待できない状態(症状固定)になった場合に、残ってしまった障害の事を言います。

交通事故後遺障害の詳しい内容はこちら

むち打ち

交通事故による外傷の中で、頚部(頸椎)の損傷は最も頻度が高く、その治療と損害賠償をめぐってトラブルの発生の可能性が高いものといわれております。

むち打ちの詳しい内容はこちら