弁護士費用特約

大手の損保会社の自動車保険にはほとんどすべてこの弁護士費用特約を付けることが可能です。保険会社によっては最初から保険に組み込まれているものもあるようです。ご自身が、自動車保険加入時に特約を付けたか覚えていないことも多く、事故にあった時には、必ず特約が付いているか確認するようにしましょう。

交通事故で加害者になってしまった場合は、保険会社またはその保険会社で依頼した弁護士が代わりにやってくれますが、被害者側になってしまった場合は加害者または加害者側の保険会社との示談交渉・訴訟などは被害者ご自身が行うか、ご自身で依頼した弁護士が行うかになります。この時、弁護士に相談・依頼するにあたり保険会社が弁護士費用を負担するというのが弁護士費用特約です。

多くの弁護士費用特約では、家族が交通事故に遭った場合も、使えることになっているようです。見過ごしてしまうことも多いので注意してください。

多くの弁護士費用特約で賄われる弁護士費用は、相談料が10万円、弁護士費用は300万円までです。弁護士費用が300万を超えることはまれですので、たいてい弁護士費用はこの範囲で収まりますので、被害者は弁護士費用を保険で賄える可能性が高いと言われています。


依頼する弁護士について

自分で選択することが可能です。保険会社に弁護士の斡旋を依頼すれば日弁連を通じて紹介してくれるようですが、原則ご自身が選択いたします。