むち打ち

交通事故による外傷の中で、頚部(頸椎)の損傷は最も頻度が高く、その治療と損害賠償をめぐってトラブルの発生の可能性が高いものとい言われております。

むち打ち症とは頚部の損傷に伴って生じる痛み、しびれ、めまいなどの様々な症状が出るものです。同じむち打ち症でも症状によって治療期間に相当なバラつきがあるのが現実です。

診断名は、頸椎捻挫、頸椎神経根症、脊髄損傷などになります。

むち打ちは、遅いスピードでの追突でも起こりうるもので、レントゲン、CT等でも通常異常は写らず、事故後にすぐ発症しない場合もありますので、後遺障害の認定自体にも争いが生じる可能性もあり、損害賠償請額の算定に於いて多くの問題が生じると言われております。むちうち症の適切な等級認定を得るには、むちうち症に精通した医師のもとでの検査、治療を行うことが重要だと言われております。