行政書士が関わる自動車関連の業務は自動車の住所変更や名義変更、車庫証明などからナンバープレートに関する多岐に及びます。
詳細は行政書士のホームページでご確認ください。

新たに事業を始める際や従来の事業から新たな分野に進出する場合など、事業に関する許可や届出、登録が必要となります。
許認可申請はご自分ですることは可能ですが、たくさんの複雑な書類・資料の作成および提出が必要です。
場合によっては定期的な更新手続きや報告が必要なものもあり管理が煩雑です。
詳細は行政書士のホームページでご確認ください。

タイムカードの集計や、残業手当、休日出勤など給与計算は複雑になっています。
専門家に依頼することで本来の業務に専念ができます。
詳細は社会保険労務士や税理士のホームページでご確認ください。

記帳代行とは、入出金に関する資料から損益計算書、貸借対照表、総勘定元帳、仕訳日記帳、決算書といった税務申告の元となる書類を作成する業務のことを指します。
税理士に依頼することで本来の業務に専念ができます。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

企業法務とは、企業に関する法律事務のことを指します。
主な業務として法律問題の対応指導、法律相談、契約業務、訴訟対応・管理業務、株主総会・取締役会の事務局業務、コンプライアンス等内部統制の事務局業務、M&Aや知的財産権の保護・活用等事業戦略の法的支援など多岐に渡ります。

企業が債務超過や手形の不渡りなどで支払ができなくなった場合、裁判所に破産申立をします。
破産申立には再建型と清算型の2種類がございます。
詳細は弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

起業(会社設立)には多くの手続や金銭(助成金など)が関係しますので専門家のアドバイスが有効です。
また、起業の種類も法人設立、個人開業と分かれていますのでこちらも専門家の判断を参考にするとよいでしょう。
詳細は税理士や司法書士、行政書士のホームページでご確認ください。

企業再編とは企業の経営の効率化やリストラのために企業を再編することを指します。
企業再編には下記の3種類がございます。
合併などの統合、譲渡などの分離、会社分割などの共同事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1