スマートフォンのウェブ閲覧

最近は本当、電車に乗っていても周りはスマートフォンユーザーに溢れていますね。指でモニターをつるつるっとやって、画面の中の世界を鋭い眼光で追いかけている様は、ちらちら観察しているとなかなかにおもしろかったりします。目の動きと、指の動きが。

日本のスマートフォンの普及率は、およそ20パーセントほどということです。これは、前年から比べると3倍にもなる数字だとか。携帯電話(ケータイ)の所有率はいまや98パーセントと、ほぼ100パーセントに近い数字となっています。

今後はスマートフォンも伸びを見せそうです。

小さなパソコンといっても過言ではないスマートフォン

スマートフォン(スマホ)は、携帯電話(ケータイ)と異なり、ウェブページをパソコンで見ているのと同じ状態で閲覧できるというメリットがあります。

情報量の多い、士業事務所さんや、ニュースサイトでもいちいちスクロールやページ移動をする必要もなくスムーズに読み進められます。
画面の拡大・縮小も指のを使えば自由に行えるので、よほど開業や句読点がないページでなければ、読むのに苦労しないのではないでしょうか。

弁護士や、社会保険労務士など、士業事務所のホームページを閲覧する人は何かしらの問題解決の糸口を探って、ホームページに訪れていることが多いです。
電車での移動中や寝る前に調べものを、という場合に便利なスマートフォンですから、今後、スマートフォンからの閲覧数も増える可能性はないとは言い切れないのではないでしょうか。

ユーザー求めている情報をある程度掲載して、さらに詳しい内容については問い合わせていただく、そんなホームページを心掛けていけば、顧客獲得も狙っていけるかもしれません。