残業問題として多く取り扱われているサービス残業については、大きく分けて下記の4種となります。
残業申請をさせない、職場外や事務所外での仕事、裁量労働制の違法利用、管理職への昇進。
労働基準法32条では、法定労働時間を1日8時間、1週40時間と規定しています。
残業代を請求する権利は2年間行使しないと時効により消滅します。
詳細は弁護士(法律事務所)や社会保険労務士のホームページでご確認ください。

経営のための土地、建物、機械などの物的施設や特許権などの工業所有権を一括して、抵当権を設定する制度のことを指します。財団には下記の6種類があります。
観光施設財団、漁業財団、鉱業財団、工場財団、港湾運送事業財団、道路交通事業財団。
詳細は司法書士のホームページでご確認ください。

債務整理とは多くの借金を背負った時、多重債務に陥った時に法的手続きにより借金を減額または帳消しにする方法のことを指します。
債務整理の方法は主に、破産、特定調停、民事再生、任意整理の4つがあります。
多重債務の条件によって選択が異なります。
いずれの方法もメリットとデメリットがありますので弁護士(法律事務所)や司法書士のホームページでご確認ください。

債権回収とは、不良債権(貸し出した債権)の回収を代行することを指します。
一度、貸倒償却をした後で回収することを償却済債権の回収と言います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1