残業問題

残業問題として多く取り扱われているサービス残業については、大きく分けて下記の4種となります。
残業申請をさせない、職場外や事務所外での仕事、裁量労働制の違法利用、管理職への昇進。
労働基準法32条では、法定労働時間を1日8時間、1週40時間と規定しています。
残業代を請求する権利は2年間行使しないと時効により消滅します。
詳細は弁護士(法律事務所)や社会保険労務士のホームページでご確認ください。