社会保険労務士の外資系対応

近年ではグローバル化が進み多くの企業が日本の市場に参入しています。
各国ごとの労働法や社会保障のシステムは変わりますが、日本国内に店舗や事務所を置いた場合、事業主の国籍や外国法人などに関係なく日本の労働法や社会保険関連法を遵守することが義務付けられています。
労働力増加のための諸費用の問題や文化の違いから起きるトラブルなど様々な問題も生じます。
詳細は社会保険労務士のホームページでご確認ください。