その他の士業

中小企業診断士

中小企業診断士とは

国家資格を持った経営の専門家です。公共、民間の両方に向けた経営相談をすることができます。企業や地域の発展・成長にむけて診断と助言をすることが業務内容です。

 

数字から中小企業診断士を見てみると

 

全国の中小企業診断士の登録者数は18,000人あまりです。

日本の人口は1億2,000万人ですから、国民が6,000人いればその内の1人が中小企業診断士の有資格者という事になります。

当サイトは、皆様が探している中小企業診断士に出会うためのお手伝いをいたします。

 

 

中小企業診断士に依頼する事とは

依頼主の経営状況や、労務状況、財務状況などといった多岐に渡るデータの分析をすることができます。その上で、依頼主に最も適した問題解決へ向けた手段を見いだします。

 

中小企業診断士にはそれぞれに特化した専門分野があります。得意としている分野と、企業の方向性が合致したポイントを、上手に見極めて相談をすることをお勧めいたします。

 

※本記事は2011年に書かれたものです。