自己破産の手続きについて、法律相談を利用する

経済状況は常に変動し続けています。

最近では、銀行からの資金調達も難しくなってきていることもあり、資金繰りに苦しんでいる企業もそう少なくはないと思います。

会社の借金、経営悪化

法人が破産(倒産)するとき、その手続きは分かれます。
ポイントは法人が「再建可能性があるかどうか」ということになり、再建型清算型の2タイプで、各々の手続きが行われます。

再建型、つまり立て直しが見込める法人の場合には、

  • 民事再生
  • 会社再生

上記のような手続をとります。

逆に、立て直しの見込めない清算型の法人の場合には

  • 特別清算
  • 法人破産

上記の手続きをとることになります。

いずれの際にも、早期の対応が重要となってきますので、まずはご相談をご利用ください。

相談する事務所を選ぶときのポイント

ご自身が相談しやすく、納得のいく結論へと導いてくれる法律家であるかどうか、ということが重要であると思います。無料法律相談を行っている事務所様と、有料での相談を行っている事務所様がありますが、どちらでも構いません。

法律事務所様によっては、一通りの法律には通じているけれども、特に特定の分野に力を入れている事務所様もございます。

ご自身の悩みをおさえた分野に対応しているならその事務所様を選ぶのも一つの手ですし、逆に、特定分野を持たずにあらゆる分野に対応している法律家の先生に相談を持ちかけるのも、一つです。

あらゆる法分野、法律紛争に通じているため、多角的な視点からのアドバイスが期待できます。

記事担当:青田

ホームページをお探しの場合には

企業倒産問題」のタグが付けられた検索ページをご活用ください。
こちらから、ホームページを探すことができます。