顧問契約を利用するメリット

会社を運営していると、給与計算であったり、各種社会保険への対応、労務管理など、色々な手続きが必要となってきます。

そのような場合にサポートをしてくれるのが、「社会保険労務士」です。社会保険労務士(社労士)は、人と組織の専門家ともいえる存在で、労働法などの法改正にも迅速に対応し、法令に基づいた対応を行うスペシャリストとも言えます。
 

顧問契約を締結するメリットは

社会保険労務士(社労士)の先生と顧問契約を結ぶメリットには、まず「継続的なサポートが受けられる」ことがあるのではないでしょうか。例えば就業規則を作成、または修正したいという場合に初めて依頼をする場合と継続的に給与計算に関わってもらっている社労士の先生に頼むのとでは、随分と心象が異なるかと思います。

継続的に会社と関わっている先生ですと、会社の内情や環境にも十分詳しいという強みがあります。そして十分な信頼関係も築くことができますので、相談がもちかけやすくなるのも一つです。どのような規則を設ければよいかといった、適切なアドバイスをスピーディな対応期待できます。一方、あまり内情に詳しくない方ですと、内情を調べるところからスタートするため、時間がかかってしまいますので人件費が発生する場合もあります。

また、万一何か急を要する事態が発生した場合にも、顧問契約を締結していればすぐに社労士の先生に相談することが可能です。

賃金制度や解雇、残業の問題など、労務トラブルに発展しやすい要素も、継続的に相談に乗ってもらうことで早い段階で対処できる可能性もあります。

顧問契約をすれば、他のサービスが割安になるなどのメリットもあるので、起業を検討している方や今の社会保険労務士事務所に不満や疑問がある方は、顧問契約も視野に、別の社会保険労務士事務所さんを検討してみるのも一つの手かもしれません。

おすすめホームページ

sakaikrj.com_top.jpg

 

ページ担当:青田