ホームページの色と写真

こんにちは。
ポーカーフェイスの島田です。
今回のスタッフブログは、ホームページの色合いや写真などについて簡単に触れたいと思います。

ホームページ色合い

ホームページの色合いと言っても背景の色から文字の色から様々です。
個人の趣味のホームページならば自分の好きな色を使えば良いでしょう。
ですが、企業や士業事務所のホームページは社長や所長の好みだけで色合いを決めることはできません。
それぞれの色が持つイメージからか、業務の分野(テーマ)に合った色があります。

業務の分野(テーマ)に合った色合い

例えば相続ですと暖色系、企業法務ですとブルー系の色が使われる傾向があります。
極端な例ですが、遺言についてのホームページの背景が黒だと、何だか見る気がしません。
折角のホームページやコンテンツも見て貰わないと意味がありません。

業務の分野(テーマ)に合った写真

テーマに合っているか合っていないかは、色に限った話ではありません。
トップページで使用する写真が与えるイメージも非常に大きいです。
例を挙げますと、

  • 相続では家族の写真
  • 離婚では女性の写真
  • 企業法務ではビジネスマンの写真
  • 地元密着をアピールする場合はシンボルとなる建物
などがあります。
上記は一例に過ぎませんが、やはり写真の持つイメージも大切だと感じさせられます。