法律相談用語集

債権回収とは、不良債権(貸し出した債権)の回収を代行することを指します。
一度、貸倒償却をした後で回収することを償却済債権の回収と言います。

戸籍収集は遺産分割や相続手続の際に必要となります。
戸籍には「戸籍謄本」、「除籍謄本」、「改正原戸籍」がございます。
詳細は行政書士のホームページでご確認ください。

税務とは、「所得税」、「消費税」、「住民税」などを含む税金の申請書を作成し、納税するまでの作業のことを指します。
税務の仕組みは複雑で専門的な知識が必要になります。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

企業が国際間での取引を行うことを「国際取引」と言います。
国際取引の際に、発生した利益に対して、日本で課税されるのか外国で課税されるのかなどの取り決めを国際税務と言います。
近年では国際化が進み国際税務の問題も多く発生しています。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。


交通事故には、「過失割合」、「後遺症の認定」、「休業補償」、「逸失利益」、「慰謝料」など様々な問題が生じるため、問題解決には専門の知識が必要となります。
被害者になってしまった場合も加害者になってしまった場合も弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

家族や身内が逮捕されてしまったときや交通事故の加害者になってしまったとき、詐欺に遭ってしまったときなどの刑事事件に関する弁護活動のことを指します。
刑事事件は迅速な対応が鍵となります。
詳細は弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

刑事告訴とは、告訴権者(被害者や法定代理人等)が検察官または司法警察員に対して、犯罪事実を申告し、犯罪者の処罰を求める意思表示のことを指します。
詳細は弁護士(法律事務所)のホームページでご確認ください。

新たに事業を始める際や従来の事業から新たな分野に進出する場合など、事業に関する許可や届出、登録が必要となります。
許認可申請はご自分ですることは可能ですが、たくさんの複雑な書類・資料の作成および提出が必要です。
場合によっては定期的な更新手続きや報告が必要なものもあり管理が煩雑です。
詳細は行政書士のホームページでご確認ください。

タイムカードの集計や、残業手当、休日出勤など給与計算は複雑になっています。
専門家に依頼することで本来の業務に専念ができます。
詳細は社会保険労務士や税理士のホームページでご確認ください。

記帳代行とは、入出金に関する資料から損益計算書、貸借対照表、総勘定元帳、仕訳日記帳、決算書といった税務申告の元となる書類を作成する業務のことを指します。
税理士に依頼することで本来の業務に専念ができます。
詳細は税理士のホームページでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   1   2   3   4   5   6   7